ベトナムに興味のある方に見て欲しいHP

ベトナムとは社会主義共和国であり、インドシナ半島に位置する国です。日本では独特の色合いや模様の衣装や雑貨や陶器が有名で、旅行のお土産として買う人も多いです。ベトナムは南北に細長いため、実は南と北では気候も文化も異なってきます。

ベトナムに興味のある方に見て欲しいHP

そのためベトナムをじっくり観光したい方は、南北を縦断する旅がオススメです。日本から旅行に訪れることが多い首都は南に位置し、乾季と雨季に気候が分かれています。その気候の特徴として、ほぼ年間を通じて気温が高く、半袖で過ごすことができます。

ベトナムが面白いのは、日本ではあまり経験することが少ない多民族国家だと言うことです。特に少数民族が多く、その多くは都心から離れた山岳地帯や高原地方で暮らしています。そしてこれらの民族の特徴は、それぞれによって文化が異なってくることです。

このような少数民族がお土産として作っている雑貨を買うことができます。またツアーの中には、一部の少数民族と交流できる機会を設けていることもあります。それは一般のツアーでは味わえない面白さがあり、それがベトナム旅行の魅力でもあります。

ベトナムの観光で欠かせないのが料理になり、日本でも食べる機会が増えています。そのため日本でもなじみのある料理が多く、実際に本場の味を楽しむことができます。そして元々ベトナムとはフランス領であったため、その影響を受けている料理が多く、また建築物も同様です。

さらに隣接する国も多く、その影響を受けながら発展してきた料理になります。その面白さが味わうことができ、色々な料理を楽しむことができる国です。

それは麺や米や揚げ物など様々な種類があり、日本人でも食べやすい味です。さらにこれにこの国独特の調味料やソースで味付けした料理を味わえます。

そして料理のもう一つの特徴が南北に長いことになり、南と北では味付けが異なることです。このような南北の味付けの違いを楽しむことができます。この国は、現在日本において経済の投資先として注目されている国になり、経済成長が著しいことでも有名です。

そしてそれを象徴するかのような現象が、都市部における交通の渋滞です。特に二輪車が多く走行しているのが印象的で、この国の今後の経済成長を垣間見ることができます。さらに旅行者にとって面白いのが、様々な交通手段です。

特に自転車の横に乗って移動するのは、じっくり街中を観光できてオススメです。そしてこの国はコーヒーの生産が盛んでもあり、香りも味も色々な種類があります。

それはお土産として、コーヒーの他に色や模様が美しい陶器や雑貨があります。ベトナムとは、料理も観光も色々楽しめる国です。