国内の成長を維持するようにと政治的な圧力

世界ではさまざまな国が交流を行っていますが、その中でベトナムという国があります。

この国の経済状況はどのようになっているのでしょうか。

ベトナム経済についてですが、世界通貨戦争への懸念が心配されています。

したがって現在では、ほかの経済問題に直面していると言うことになります。

それはどの様なことなのかというと、この国では国内の成長を維持するようにと、政治的な圧力がかかっていると言うことなのです。

したがってマネーサプライズによる懸念が起きていると言うことになります。

このようなことから、この国ではインフレの率が二桁という値に迫っています。

またこの国の通貨はかなり大きな圧力を受けていると言うことで、多くの人は先を争ってまでドルや金を買い求めるという状況が発生しています。

世界金融危機の影響もあり、経済成長をさせるためには、共産党政権は金融政策を緩和させると言うことを行っていたのですが、金融の引き締めを渋っているというのが現在のこの国の状況となっています。

成長率が下がってきているという傾向もあり、国有企業が現在では倒産し始めているというのも大きな特徴となっています。

1989年よりドイモイの成果が出始め、1995年から1996年には高い成長率が見られました。

しかし、1999年には再び低下しました。

そして2000年代に入って海外直接投資も順調に増加をし、2000年から2010年の平均経済成長率も高成長を達成しました。

そして近年ベトナムは、よりいっそうの市場経済化と国際政治への統合を推し進めています。

2007年1月にはWTOに正式加盟もしています。

しかしこの段階では、未成熟な投資環境などの懸念材料も残っています。

最近ではその指標に関しては、GDP成長率は5.4パーセントで、物価上昇率は6.6パーセントとなっています。

そして失業率に関しては2.2パーセントとなっています。

この国の人たちは、全体的に非常に明るく素朴で勤勉であります。

したがって物事に対しては、一生懸命取り組むという傾向があります。

南部と北部とでは、国民性にそれぞれ特徴的な違いがあります。

北部の人たちは、几帳面で仕事に対する信頼度が高くなっています。

これに対して南部の人たちは、陽気でおおらかで、ラテン系ののりとなっています。

経済的には発展した地域となっているので、技術力のある人達がたくさんいるという傾向になっています。

家族や親族との絆を大切にする人が多いです。